レディ

健康食品で血糖値を下げる!|自分に合った種類を選ぼう

痩せるためには

腹部

ファスティングは、短期間の断食で、短期間で痩せたいと思う方に向いているダイエットと言えます。また、ファスティングを行うのなら、無理をしてはいけません。体に負担がかかるので、自分の健康状態をしっかり把握して行うことが重要だと思います。

Read

食べずに健康になる

メディシン

ファスティングは短期間の断食を行って、ダイエット、デトックスの効果を狙うものです。半日から6日ほどの断食の間、専用のドリンクと水だけで過ごします。減量だけでなく、内臓を休めることで体内の毒素を排出し、便秘解消や肌荒れの改善も期待できます。

Read

効果はいかなるものか

ウーマン

ファスティングは1日酵素ドリンクや水のみで生活するダイエット法です。食べ過ぎの後や体重を緊急で落とす必要がある時に効果的です。1回で1キロほど落ちる方もおり、暴飲暴食をしなければ体重がリバウンドすることは基本的にありません。

Read

重要な血液検査

お腹

ヘモグロビンa1cは、自分の血糖状態を知るために非常に重要な血液検査項目で、糖尿病診療に広く用いられています。ヘモグロビンは血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種で、酸素を体全身に送る役目を行なってくれるものです。また、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っているので、ヘモグロビンa1cの血液検査ではこの性質を利用しています。血液の中にブドウ糖が多く、高血糖状態だとヘモグロビンとブドウ糖の結合の割合は高くなります。ヘモグロビンa1cの値が高ければ高いほど、余分なブドウ糖が体の中に出来てしまうということになります。日本では以前は、ヘモグロビンa1cはJDS値を利用していましたが、国際的に主流なNGSP値と0.4%程度低かったので、2012年からNGSP値に統一することになりました。

ヘモグロビンa1c値は、過去2ヶ月の血糖の状態を表すので、血糖値の様に食事等による影響を受けにくいので正確な血糖状態を知ることができます。なぜ、過去2か月の状況を表すかというと、ヘモグロビンの寿命は最大約120日であり、平均寿命はその半分の60日間となるので、糖と結合したヘモグロビンの平均寿命も60日つまり2か月となるからです。糖尿病対策には、ヘモグロビンa1cを下げる事が重要ですが、まず日常の血糖値を低くすること、肥満に気を付けることが大切です。そのためには、病院で食事指導を受け確実に実行すること、併せて運動も行います。このような生活で日常の血糖値を低く抑えることを2か月程度継続すると少しずつ下がってきますし、肥満だった方も少しづつ体重も減少することでしょう。ヘモグロビンa1cの数値を下げるのは、半年間で2%ずつというゆっくりしたペースで行いますので、ヘモグロビンa1cが10程度の人は正常値になるのに1年程度の期間が必要になりますが、体に負担はかかりにくく確実な方法です。いまは下げる効果のあるサプリメントも多数販売されています。粒タイプやお茶のように飲むタイプもあるので、続けやすいもので健康を維持していきましょう。